読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふーふで。

おとうとおかあの、ふたご出産&育児日記

『家族』がいちばんの多様性

まさです。

 

双子のチビたちが誕生して、もうすぐ3ヶ月を迎えようとしています。

食いしん坊の息子は、ついに体重5000gを突破!重たいなぁと感じるようになりました。

すでに男の骨格なのか、それとも筋肉質なのか?赤ちゃんなのに、抱き心地はやや固め。笑

 

一方おっとりのんびりの娘も、4800gと順調に成長中です^ ^

動きも抱き心地もしなやかで柔らかい?ので、息子に比べてずっと軽く感じる。。。不思議ですね。

仕草もなぜか、息子よりちょっと上品。笑

 

この違いは個性なのか?性差なのか?

親としては興味深いテーマです(ん、楽しんでますよ。笑)

 

 

最近は「あー」とか「うー」とか少しずつしゃべる?ようになっていて、2人の可愛さも倍増。(親バカなのは自覚済みとして)

首はまだ座ってないけど、頼りなかった最初の頃と比べたら、すごくしっかりしたなーと感じます。気になるものがあれば目でしっかり追いますし、あぐらの中に横たわらせていても自分で首の向きくらい変えるようになりました。

 

お腹が減ったときは、母乳を求めてなつの方をちらっと見つつ、口を動かしたりもします^ ^

僕はそこまで露骨なアピールに出会うことがなく、そこはやっぱりおとうとおかあを区別して認識しているのかなぁと感じます。

 

結構触れ合ってはいるつもりですが、育休中のなつには及びません。半分は母乳育児をしていますし、おっぱいを与える母親の安心感には当分勝てないのかもしれませんね(@_@)

 

 

ふとしたときに、笑顔を見せるようにもなりました。

 

赤ちゃんが笑うのは、お世話をする大人を惹きつけるため、と聞いたことがありますが、なるほどなぁと思います。笑

 

あの笑顔はね、ズルいです^ ^;

表現の手段が限られてる赤ちゃんの必殺技って感じですね。

 

すっかり手玉に取られてるおとうですが、なつが横目にどう見てるかだけがちょっと不安。。。 笑

 

 

------------------------------

 

「娘の方がかわいい?」

 

実は最近、よく聞かれる質問です。

逆になつは「息子の方がかわいい?」と聞かれるそうです(@_@)

 

おぉ答えづらい質問。。。笑

父親にとっての娘、母親にとっての息子、って皆考えるんでしょうか。

 

 

正直、性格も仕草も全然違って、可愛いと思えるポイントが違うのは確かです。

そのポイントごとに優劣はもしかしたらつけられるのかもしれませんが、つける意味を全く感じないので、「どっちもかわいい」と答えるようにしています。事実やし。

 

聞いた側からは平凡な答えなんでしょうけど。。。^ ^;

 

 

もちろん、シーンごとにどっちかに注力することは日常茶飯事で、親の時間をチビ2人へ公平に使うことは不可能です。

(ただ合算したら、だいたい同じくらいとは思いますけどね)

 

「お父さんは僕より◯◯(むすめ)の方が大事なんだ」

「お母さんは私より◆◆(むすこ)の方が大事なんでしょ」

なつとは、将来十分に予想されるこの遣り取りを今から想像しながら、アテレコをして遊ぶ日々です^ ^

そんなことないよ、って答えてあげんとね。

 

 

でもきっと双子に限らず、どんな家庭でも上の子と下の子の間で起きうる会話ですよね。

皆、どうやって答えてるんでしょう?

 

その子にとってはその瞬間、自分が疎かにされていると感じてしまうことは事実なわけで。

 

 

「素直でいい子やねー」「いい子にしてたねー」とか『いい子』ってよく言葉として使われますが、その文脈における『いい子』=『親にとって都合のいい子』であることも多いんじゃないかなと最近思ったりもします。

 

実際こっちがいっぱいいっぱいのときは、大人の手を掛けさせない子が『いい子』になるわけで。あんまりそうならないよう、余白を持っとくことは意識したいなぁ。

 

特に手が掛からない子ほど、自己主張をあまりしない子ほど(うちのチビたちがまだどうなのかは全然わからないけど)、このあたりのケアだけはちゃんとしようと思うのです。大人から見たら些細なことでも、結構覚えてたりしますから。

 

 

あとは、子どもにちゃんと説明することかなぁと思います。

今ちょっと手が離せないなら、いつまで待ってもらえばいいのか。仕事に行かないといけないなら、なぜ行かないといけないのか。食べちゃいけないなら、なぜいけないのか。

 

それで話がすぐ通じるわけでも無いでしょうが、愛情をかけることってそういうことかなぁと最近考えていて。

自分の中でちゃんと言葉をつくって、少しずつでもチビたちに話していきたいと思っています。

 

 

------------------------------

 

新聞やツイッター、ネット記事なんかでも、『多様性(ダイバーシティ)』という言葉をよく目にするようになりました。

 

1人の人が、1つのことをひたすらやって、それで問題が解決できる時代じゃなくなった今、大事なキーワードだなぁと思います。

生活も、働き方も、子育ての方法も。

 

 

www.youtube.com

 

少し前にYouTubeで公開されたこの動画も、テーマは「教育とダイバーシティ」でした。分かりやすくて面白い動画ですよ^ ^

元和田中の民間校長&「よのなか科」という授業で有名な藤原和博さん、花まる学習会代表の高濱正伸さん、ISAK(全寮制の国際高校)代表の小林りんさん、IOCの河村裕美さんが対談されています。

 

 

この中でとても印象深かったのが、花まる学習会代表の高濱さんが「最大の多様性は夫婦!」と断言されていたこと。

 

 

僕の経験でも、結婚生活を「異文化との遭遇」みたいに言う人は本当に多いです。笑

これは夫婦に限らず、一緒に誰かと暮らし始める人が全員経験することじゃないかと思いますが。

 

ただその中でも、いくつものライフイベントを共に過ごす『夫婦』という関係性。それを長く維持すること自体が最大の多様性だという考えは、実際経験してみるとすごく納得がいくものです(@_@)

ぶつかって、話して、折り合って、少しずつ前に進むのが夫婦です。笑

 

 

振り返って、たまたまですが男女の双子との4人生活が始まった、まさとなつの家族。

 

チビたちにとって、出会う人の少ない人生最初の数年は、チビたちお互いが大切なパートナーでありながら、最大の多様性であってほしいなと、親としては思います。

すでに全然違うけど、このまま違って育ってほしい(*^^*)

 

双子だからできないこともありますが(どうしたって親が相手をする時間は半分ずつになるし)、代わりに滅多に得られないものを持ってるチビたちです。

無いものよりはあるものを見て、自分たちらしく逞しく生きてほしいですね。

 

 

 

f:id:masa-natsu:20170318155358j:plain

 

さてこの写真、分かるでしょうか?

 

間違えて、息子の指をおしゃぶり中の娘です。

お互いの区別は、まだまだこれからってとこですね。笑

 

 

いちばん最初の多様性が、双子の相方という家族でありますように。

 

そして良いパートナーと生まれて来たと、思ってくれますように。

 

 

今のおとうの願いです。

 

 

まさ